様々な光

こんにちは。

本日はプロダクツ・ケイの光ファイバー照明のカテゴリを紹介します。

  • 天井照明
  • 壁面照明
  • 埋設床照明
  • 水中照明
  • 演出照明
  • オブジェ

 

この6つが光ファイバーをつかった照明を最大限に生かせるものとなります。

光ファイバーは素材がプラスチック(ガラスもあります)のため、水に濡れても問題ありません。

そのため、光源さえボックスかもしくは室内へ入れてしまえば、完全に防水することが出来ます。

水没の恐れはまずありません。

 

また、天井照明は光ファイバーといえばこれ!というくらいにポピュラーな商品です。

星空天井を好まれるお客様が多く、星空天井には弊社も自信を持っています。

 

そして、光ファイバーは側面発行も可能なため、壁面でもよく使われます。

ただ、側面発光の場合は先端発光より光が弱くなってしまいます。

何故なら先端発光では「先端」のみで光が放出されますが、側面発光では「光るように特殊加工された側面全体」から光が放出されるからです。

 

最後にオブジェとあります。

光ファイバーはまだまだ創造の幅が無限とあるため、新たな造形にチャレンジされる方があとを立ちません。

LED、プロジェクションマッピングに注目が集まる中、違う一手をお望みの方は是非弊社へご連絡ください。

 

それでは今日はこの辺で。

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中